fc2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

不労所得で生活できるのか?

主にMT4関連のツールやEAを作ってます。 夢の自動集金マシン(?)は存在するのか・・・。

【MT5TradeCC】遅ればせながらMT5版のコピートレードツールのリリース! 

MT5TradeCCは同一PC(または仮想PC)内に起動した、複数のMT5口座間でトレードをコピーするツールです。

送信側、受信側にそれぞれ専用EAをセットして稼働させます。



1:1、1:多、多:1、多:多のコピーが可能ですが、

とりあえず一番簡単な1:1のコピー設定について説明します。

<MT5TradeCCのファイル構成>

MT5TradeCC.zip

├─MQL5
│ ├─Experts
│ │  Transmitter64.ex5 ・・・送信側EA
│ │  Receiver64.ex5   ・・・受信側EA
│ └─Libraries
│    CopyTrade64.dll  ・・・トレード情報管理用、共有メモリマネージャ
├─説明書
│   MT5TradeCC説明書.pdf ・・説明書
└─SlotView
    copytrade.dll    ・・・32bit版共有メモリマネージャDLL
    SlotView.exe     ・・・トレード情報モニタ(32bitアプリケーション)

●送信側設定

送信側のMT5を起動し、メニューの【ファイル(F)】-【データフォルダを開く(D)】を選択します。



開いたMT5フォルダの中のMQL5\ExpertsにTransmitter64.ex5、MQL5\LibrariesにCopyTrade64.dllをコピーします。







ナビゲータウィンドウの【エキスパートアドバイザ】を右クリックし、ポップアップメニューの【更新】を選択します。



【エキスパートアドバイザ】の中のTransmitter64をチャートにドラッグしてドロップします(通貨ペア、時間足は任意)。



表示されるダイアログボックスの「仕様」タブの、【DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)】にチェックを入れます。



ダイアログボックスのOKボタンをクリックします。



MT5画面に戻りチャート右上のEAマークを確認します。



●受信側設定

送信側と同様にメニューの【ファイル(F)】-【データフォルダを開く(D)】を選択します。



開いたMT5フォルダの中のMQL5\ExpertsにReceiver64.ex5、MQL5\LibrariesにCopyTrade64.dllをコピーします。







ナビゲータウィンドウの【エキスパートアドバイザ】を右クリックし、ポップアップメニューの【更新】を選択します。



【エキスパートアドバイザ】の中のReceiver64をチャートにドラッグしてドロップします(通貨ペア、時間足は任意)。



表示されるダイアログボックスの「仕様」タブの、【DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)】にチェックを入れます。



ダイアログボックスのOKボタンをクリックします。



MT5画面に戻りチャート右上のEAマークを確認します。



●トレード情報モニタ

コピーされるトレード情報をモニタするツールです。

コピー動作には影響しないので、通常は起動する必要はありません。

SlotView.exeとcopytrade.dllを任意の同一フォルダに格納します。

SlotView.exeを起動すると送信側から出力されているポジション情報を参照できます。

prfx

MT5TradeCCは、このページのリンクからXMの口座を開設して頂いた方に無償で配布致します。
※但し、コピー先は開いて頂いた口座限定となります。
ご希望の方は、口座開設後、左のメールフォームから

・開設した口座番号
・メールアドレス

を明記してお申し込み下さい。

また、ヤフオクではコピー先を1口座に限定した製品を格安で販売しております。

コピー先をデモ口座に限定したトライアル版はこちらからダウンロードできます。
スポンサーサイト



2024/02/15 Thu. 10:40 | trackback: -- | comment: -- | edit